生き物

里山

渓流魚と源流魚  サケマス科の魚

採取したり飼育した魚たちを選んで記載しました。

ヤマトイワナ

(山梨個体)

日本固有種 原種のイワナ

​山梨県源流域に生息しています。

ニッコウイワナ

(山梨個体)

日本固有種のイワナ

​山梨県源流、渓流域に生息。

放流されるイワナはニッコウ。

オショロコマ(幼体)

(北海道個体)

日本固有種

北海道のイワナの仲間

アメマス(幼体)

(北海道個体)

日本固有種

北海道のイワナの仲間

​白点がはっきりしているのが特徴

イトウ(幼体)

(北海道個体)

日本固有種

北海道のイワナの仲間で大型

​日本最大種

コバルトマス(幼体)

(突然変異個体)

マスの突然変異体で青い色をしている個体 繁殖能力がない

人気の個体

ヒメマス(アルビノ幼体)

本栖湖、西湖などに生息する

とても美しいマス

この個体はアルビノ種

ヤマメ​(西湖個体成体)

​大きく成長した個体は繁殖のために川に遡上してきます。

アマゴ

(山梨個体)

日本固有種 

​山梨県渓流域に生息しています。

アルビノアマゴ

(山梨個体)

アルビノ種

メラニンを形成できない個体

​人口で作られた個体が多い

ヤマメ(山梨個体)

渓流域に生息

山梨県より以北はヤマメ

以南はアマゴエリアに分かれる

河川によって別れている

サクラマス(銀毛) 

ヤマメの降海型はサクラマス

アマゴの降海型はサツキマス

​山梨は河川によっては生息している

サツキマス(銀毛) 

ヤマメの降海型はサクラマス

アマゴの降海型はサツキマス

​山梨は河川によっては生息

ブラウントラウト

(外来種)

外来種であるが放流などで繁殖している

​繁殖力も強く気性も荒い

アマゴ​(アルビノ成体雄2歳)

ここまで大きくなるアマゴは珍しいので掲載します。

これはアルビノ種の雄

​2年で寿命です。

ヤマトイワナ

​(木曽源流個体成体)

​大きく成長した個体は魚食性が強く時として仲間を捕食します。

マス

​(通常個体とアルビノ種)

養殖が盛んなサケマス科の魚

​アルビノ種は外敵から狙われやすい

ブルック(カワマス)

​移入種

​上高地で見られるイワナはイワナではなくこのブルックまたは交雑種がほとんど

シナノユキマス

​長野県に移入された魚

ポーランド原産のサケ​科の魚ではあるが顔はサケっぽくない

イワナ​(成体)

​大きく成長した個体は魚食性が強く仲間でも共食いしてしまいます。

日本の淡水魚   水中に生きる生き物

採取したり飼育した生物を選んで記載しました。

ハリガネムシ(湖など)

虫の体内に寄生して育つ

水の中で見かけることがある

​針金のような虫

雷魚(川など)

山梨県で見られたが

最近は見られなくなった

​移入種

ミナミヌマエビ(川)

山梨県の川に普通にいるエビ

水路などに入り込んでいる

比較的見つけやすいエビ

水槽のお掃除屋さん

タナゴ(川など)

山梨県で見られたが

最近は数が激減した

​今でも小さな水路などにいる

イシガメ(川)

希少種になってしまった亀

​絶滅の心配がされている種

すっぽん(川)

山梨県の川に普通にいる

水路などに入り込んでいる

​動きが速すぎて捕獲困難

シマドジョウ(川など)

山梨県で見られる

​マドジョウと違い縞模様があって可愛らしい

鯉、鮒(川など)

山梨県で見られる

自然繁殖個体が生息している

​春先になると水路にも入ってくる

ニホンザリガニ

​絶滅が心配いされている

ニホンザリガニ

北海道の個体です。

ナマズ(川 稚魚)

​山梨県の川には普通に生息しています。​飼育は容易ですが共食いや他の魚を捕食するのである意味飼育困難です。

淡水魚(川)

​オイカワ、ふな、クチボソ

タモロコなど

沢山の魚が観察できます。

ヌマガレイ

​汽水域や淡水に住んでいるカレイの仲間

​飼育もしやすい個体です。

メダカ(川)

​山梨固有種

激減してしまった淡水魚

​山梨県の川に生息している

カブトエビ(田)

山梨県の田んぼに発生

ホウネンエビとともに

​生きた化石と言われる

カマツカ(川)

​水槽のお掃除屋さん

面白い顔をしている淡水魚

​山梨県の川に生息

ホウネンエビ(田)

山梨県の田んぼに発生

カブトエビとともに

​生きた化石と言われる

オイムツ(川)

希少種(自然交雑種)

オイカワとカワムツが自然交配して生まれた種

​大変珍しい

​爬虫類両生類

​山などで実際に見たもの飼育したものを選んでみました。

ハコネサンショウウオ

山梨県で見ることができるサンショウウオです。生息地が狭くなっています。数年前にくらば個体数も激減しています。​

ニホンイモリ

(アカハライモリ)

​日本時いるイモリですが、個体数は減っています

​この個体は山梨県で見つけ観察したものです。

シマヘビ

日本で最も見ることができる蛇だと思います。個体差はありますが

中型の蛇で無毒で危害も加えません。青大将も無毒です。

クロサンショウウオ

富山県地方にいるサンショウウオです。その名の通り黒色をしています。大変可愛いです。

ジムグリ

山で見かける蛇です。

幼体はは色が茶褐色で美しいです。

​最近はなかなか見つけられない個体です。他に白マダラという希少種がいます。

ヒバカリ

顔の横に独特の白い模様がある

とてもおとなしい蛇です。

昔は毒ヘビと思われていました。

​毒はなく臆病なので飼育が難しいです。

ヤマカガシ

毒ヘビ

山に住む代表的な蛇です。

​後ろの歯に毒があるので昔は毒ヘビだとは思われていませんでした。毒は強烈です。

ナガレタゴガエル

山地の源流域に住むカエルです。

最も早い季節から繁殖をする個体で源流には卵を観察

することもできます。

モリアオガエル

山地に住むカエルです。

少し元気のない個体でした。

森林や木の上に暮らしているため

​あまり見ることができません。

トノサマガエル

田んぼに住むカエルです。

昔はたくさんいましたが今ではすっかり個体数を減らしてしまいました。

ニホントカゲ

ニホントカゲと言えばこの個体です。我が家の周りや山地にいます。

​林道では暖かい日にバスキングしている姿も見かけます。

アズマヒキガエル

山梨に住むヒキガエルは

このアズマヒキガエルです。

多種の色を持つカエルですが大型で動きは遅く耳線から毒を出します。

ウシガエル

食用のために日本に移入した個体です。大きな体の割に動きが早く捕獲は難しいです。特定外来種ですので飼育はできません。

ヤマアカガエル

山地からその周辺の田んぼなどに住むカエルです。

甲斐駒ケ岳黒戸尾根でも見かけます。

カナヘビ

ヘビと名が付きますがトカゲの仲間です。山地の樹の葉の下にいることも多いです。

マムシ

毒ヘビです。

​噛まれないようにすることが大事です。噛まれると腕が噛まれた部位が広範囲に腫れ上がります。

​虫ほど種類の多い生き物はいないと言われているほど多種多様ですが、山などで実際に見たもの飼育したものそしてよく見かけるものを選んでみました。

アサギマダラ

遠く南の国から飛来するアサギマダラ。ひらひらと舞う姿からは想像できないほどの長い距離を飛んでくるのです。

ミヤマカラスアゲハ

大変美しいビロードのような羽を持つミヤマカラスアゲハ

​大型で山中で舞う姿は大変美しく気高く感じます。

クスサン

山梨県の中でも大型の蛾です。

野蚕糸(ワイルドシルク)としてその繭(スカシダワラと呼ばれる)の糸が釣り糸などに使われていました。

カワゲラ

渓流や源流

清い水の中で育つカワゲラの幼虫hあ魚類の餌になっています。

​さらに小さな水生昆虫を捕食する肉食です。

ガガンボ(キリウジ)

渓流や源流

幼虫は清い水の中で育つガガンボ種の中では大型の幼虫

​成虫も大きい

ゴマダラチョウ

国蝶オオムラサキによく似た幼虫ですが、背中のとっきで区別できます。よく見かけることができる蝶ですが近年減っていると思います。

ヨツボシクサカゲロウ

アミメカゲロウの仲間

美しい緑色をしています。

​カゲロウは魚類の餌になったり鳥類の餌になったり自然を作っている虫だと感じています。

ツツトビゲラ

上手に擬態して水の中にいるこの虫は木の葉を食べて川に落ちる葉を分解する役割を果たしています。​もちろん魚類の餌になり食物連鎖の下の方で頑張っている虫です。

ウスバカゲロウ

蟻地獄の成虫です。

その姿はトンボに似ていますがトンボよりは儚げに見えます。

​薄く透き通った羽が大変美しい昆虫です

ウスイロコマノチョウ

裏は枯葉のような模様の蝶

山梨県の里山、樹林帯、農地で見る

​近縁種クロコマノチョウの分布も確認できている(温暖化の影響)

フクラスズメ

ヤガ科の蛾の幼虫

イラクサ科の植物で見かけることが多く色がカラフルで一見気持ちが悪いと言われるが蛾はとっても地味

ミヤマセダカモクメ

(幼体)

蛾の幼虫で昔はよく見られた

最近は少なくなったと感じる

​蛾は地味だか終齢幼虫は非常に

気持ちが悪いと嫌われている

スギドクガ

(幼体)

蛾の幼虫でスギなどの樹木に着く

低山などにもいる

​ドクガという名前であるが毒がないと言われている

オンブバッタ

下がメス 上がオス

よく見かけるバッタ

おんぶしているからオンブバッタ

​葛の葉などを食べている

ヤマキマダラヒカゲ(成体)

南アルプス周辺にも生息

樹林周辺の笹群落に生息しており

​黒戸尾根笹平にもいる

​樹液などに集まる

クチバスズメ

(スズメガの仲間)

スズメガの仲間は同定しにくいものもあるが食していた樹木がアカガシであったのでブナ科の葉を食べる

クチバスズメ(蛾)だと同定

山の植物

山の生き物