菜種梅雨

菜の花が咲く頃に降る長雨

天気の章

雨だれ(あまだれ)

雨のしずく 雨が振り終わった後にも雫が落ちる様は風情があります

 

雨宿り(あまやどり)

雨をしのいで待つこと 

 

雨夜の品定め(あまよの品定め)

『源氏物語』第二巻「帚木」(ははきぎ)の巻の冒頭。

五月雨の夜光源氏や頭中将らが集まって話した話し 女性論

雨夜の星(あまよのほし)

雨の夜み見える星 滅多のないことのたとえ

極めて珍しいこと

喜雨(きう)

待ちに待った恵みの雨。干天の慈雨

植物たちが、喜んでいるかのように感じる恵みの雨

 

狐の嫁入り雨

天気雨

 

霧雨(きりさめ)

普通の雨よりも滴が小さい霧のような雨

 

小雨(こさめ、しょうう、こあめ)

小降りの雨

 

小糠雨(こぬかあめ)

静かに降る微細な雨

春に降る小糠雨は美しいとも感じる雨
 

五月雨(さみだれ)

梅雨の時期に降る雨 「五月雨を集めて早し最上川」

 

小夜時雨(さよしぐれ)

夜に降る時雨

 

時雨(しぐれ)

晩秋から初冬の頃に数時間で通り過ぎる雨

 

篠突く雨(しのつくあめ)

はげしく降る大雨、豪雨 篠竹とはたくさん生えている竹のこと

 

驟雨(しゅうう)

降り始めや降り止みが突然の雨 夕立も驟雨 にわか雨

 

秋霖(しゅうりん)

秋の長雨。

 

日照雨(そばえ、日照り雨)

周りは晴れであっても、局所的に降る雨

 

梅雨(つゆ)

6月頃降り続く長雨 梅の実が熟する頃の雨

 

走り梅雨
梅雨入りする前の五月ごろに降る長雨
 

梅雨晴れ
梅雨の合間の晴天
 

梅雨曇

雨になりそうな雲


送り梅雨
梅雨が終わることの雨

 

菜種梅雨(なたねづゆ)

春の野の花を濡らす雨

 

涙雨

ほんの少し降る雨 人の心情(涙)を表す雨

 

にわか雨

驟雨(しゅうう)降り始めや降り止みが突然の雨 夕立も驟雨 

 

入梅(にゅうばい)

梅雨に入ること

 

白雨(はくう)

にわか雨 明るい空から降る雨

 

麦雨(ばくう)

五月雨 麦が実る頃の雨

 

春雨(はるさめ)

春に降る静かな雨

 

氷雨(ひさめ)

冷たい雨 みぞれ

 

遣(や)らずの雨

帰ろうとする人を引きとめようとするような雨

 

夕立

どしゃぶり雨 短時間で終わり雷を伴うことも多い

 

私雨(わたくしあめ)

狭いところに突然降る雨

周りは晴れているのに山の一部などに降る雨